屋根雨漏り修理は気付いた時にすぐ行いましょう

屋根雨漏り修理は、家屋の維持管理の中でも最重要な課題です。



もし見つけたら、出来るだけ早く対処する必要があります。屋内で雨漏りを見つけた場合、建物内部に水が相当しみこんでいて、もう吸収しきれなくなった分が出て来ているのです。つまり、見つけた時点では、相当状況は悪化しているのです。



少なくともこれ以上悪化させない緊急の対策が必要です。
雨漏りは、台風などで瓦が飛んでしまった後などがよく起こります。大風が吹いた後は、部屋の中に異常がなくても、屋根を一度確認しておきましょう。

もし、瓦にずれや破損が見つかったら、その部分から確実に雨漏りは発生します。


屋根雨漏り修理を行ってください。
そうはいっても、すぐによい施工業者が見つかるとも限りません。

日頃から頼める業者を見つけておければ、それに越した事はありません。

特に顔見知りであれば、世間で言われているような高額な屋根雨漏り修理費用を請求されるような事もないでしょう。
しかし、残念ながらそういうツテがない場合は、一から施工業者を探す必要があります。


その間、とりあえずの応急処置として、屋根をブルーシートで覆いましょう。屋根は足場が悪いので、作業には十分に気を付けてください。
また、風で飛ばされないように、土嚢で重石をしっかりする事が大事です。
そうして時間を稼げる状態となったら、施工業者を複数、出来れば3社は当たってみてください。



第一印象が良くても即決してはいけません、必ず相見積もりを取りましょう。